Top >  糖尿病とは? >  糖尿病について

スポンサードリンク

糖尿病について

糖尿病は血糖値が高く「尿に糖が出る病気」と認識されていますが、
「尿に糖が出ていなければ糖尿病ではない」とは言えないのです。
食事前などは、血糖値がそれほど高くなく糖が尿から出ないからです。
すい臓から出るインスリンの働きが弱くなると、血糖が増えていきますが、
血糖が増えても自覚症状はまずありません。

糖尿病の症状として、のどが渇くとか、体がだるくなるなどといわれますが、これは、かなり糖尿病の症状が進んでから自覚されるものです。
糖尿病は自覚症状がないために治療を怠ると、高血糖が血管をいためて合併症を引き起こします。
糖尿病は別名「合併症の病気」といわれるほど、治療せずにいると、こわい病気になります。
例えば、糖尿病による「網膜症」などは、目の網膜が障害を受けて視力が低下する病気です。
その他にも、「腎症」は腎臓の働きが低下します。また神経障害や動脈硬化もおこります。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 糖尿病の概要  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。