Top >  糖尿病とは? >  糖尿病とたんぱく質製造能力

スポンサードリンク

糖尿病とたんぱく質製造能力

私たち人間の体の大半は、水分とタンパク質でできています。
脳・内臓・骨・筋肉・髪の毛・神経伝達物質・血液・ホルモン・遺伝子に至るまで、体の様々なパーツはほぼタンパク質で出来ているのです。このすべてのタンパク質の原材料は、アミノ酸になります。
たとえば、1種類のタンパク質を作るのにアミノ酸が100個以上必要とされ、そのタンパク質は毎日1000分の1グラムで、成長期の子供やスポーツをする人は1.2~1.5倍必要とされます。
タンパク質を体内で製造する能力は、個人個人で異なります。この製造能力が低いと、量産できず、ひいては不足がちになり、病気や怪我の誘発につながってしまいます。
また、心身不調を引き起こしたり、慢性的欠乏症に冒されたりもします。

このタンパク質製造能力差が関係することで、人によってかかりやすい病気や持病が変わるのです。たとえば、生まれつきインシュリンを作る能力が低いと糖尿病になりやすく、免疫を司るタンパク質を充分に作れない人は、ウイルスに感染しやすくなります。これらは、それぞれ必要とされるタンパク質の製造量が低いことが原因とされます。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病チェック  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病第一号患者の話  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。