Top >  糖尿病とは? >  糖尿病はインスリンの欠乏が原因か?

スポンサードリンク

糖尿病はインスリンの欠乏が原因か?

糖尿病のイメージとして、膵臓からのインスリンの出が止まってしまうかのような印象があります。しかし、それは間違いなのです。
糖尿病であっても、インスリンは出ているのです。しかし、その出方に問題があるのが糖尿病なのです。
通常人間の体は、糖が膵臓まで届いて刺激されるとインスリンが出るようになっています。ところがそれが、ストレス無くすぐでるとよいのですが、少しでゆっくりでるのが糖尿病のひとなのです。
体内でインスリンの働きが弱くなると、体内の栄養を利用できないようになります。そして、利用できない栄養は血管の中に溜まってゆきます。この状態になると体に不都合なことが起こってきます。これが、糖尿病と呼ばれる状態なのです。
糖尿病体質と言うのは、インスリンの働きが弱くなりやすい、またある条件の下では弱くなってしまう、タイプの体をもった人のことをいうのです。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病第一号患者の話  |  トップページ  |  次の記事 やせていると糖尿病にならないか?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。