Top >  糖尿病とは? >  やせていると糖尿病にならないか?

スポンサードリンク

やせていると糖尿病にならないか?

糖尿病と言うと、肥満体の印象がもたれますが実は、太った糖尿病より、やせた糖尿病の方が危険だとされています。
結論からいうと、やせているから糖尿病にならないという保証はなにもないのです。
いくら太らないからといって、たくさん食べると余分なカロリーが体内に入っていれば、やはりインスリンの働きを阻害することになるのです。
太ると言うことは、それだけでインスリンを阻害する条件になるので、糖尿病の人や予備軍には、太るなということが強調されるのです。
たとえば、「やせの大食い」なんかも、そのような習慣を続けているといつか糖尿病の症状が出てくる可能性があるのです。
実は糖尿病が進行した姿と言うのは、やせた姿なのです。糖尿病が進めば進むほどやせていって、スマートになるのです。その時点で糖尿病が発覚する人もいるのです。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病はインスリンの欠乏が原因か?  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病と脳血管の病気  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。