Top >  糖尿病とは? >  糖尿病の実際

スポンサードリンク

糖尿病の実際

糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物を消化すると、ブドウ糖が作られ、ブドウ糖は血流にのって各細胞へ届き、体や筋肉、臓器を動かすエネルギーとなります。
血糖値とは、血液の中にそのブドウ糖がどれくらい含まれているかを示す値です。
糖尿病は、エネルギーを必要としている細胞に運ばれず、ブドウ糖が血液中にあふれてしまう状態なのです。
詳しくいうと、インスリンというホルモンが、ブドウ糖をコントロールしているのですが、これがうまく働かなくなったためにブドウ糖が溢れてしまうのです。

インスリンは食後に血糖があがらないように調節していますが、それだけでなく、ブドウ糖を脂肪やグリコーゲンに変えて蓄えたり、ブドウ糖を細胞に送り込んでエネルギーに変えたりする働きがあり、インスリンが働かないと、筋肉や内臓に必要なエネルギーが運ばれないので、全身のエネルギーが足りなくなります。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病と散歩  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病と血糖値  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。