Top >  糖尿病とは? >  糖尿病に地域差はあるか?

スポンサードリンク

糖尿病に地域差はあるか?

かつて、糖尿病は美味しいものをたくさん食べて、体を動かさない人がかかる都市型のぜいたく病とされていました。しかし、今はそうともいえず都会のサリーマンよりも、農村の人の糖尿病が増えてきているといわれています。
もちろん糖尿病だけではありません。脳溢血は東北地方で多かったのですが、これは食生活が関係していました。塩分の多い食事が常態化していたために脳溢血で命を失う人が多かったのです。
糖尿病も、かつては都市型の病気と言われていましたが、今や農村でも都市と同じような生活習慣が常態化しており、かかる確率は同等と考えられます。
また、これは日本だけの話ではなく世界的にも同じようなことがいえます。
それまで食料に乏しかった地域でも、なにかの資源が発見されると裕福な層が生まれ、食生活も変わってしまい、糖尿病の可能性が高まってしまうのです。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病


スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病に男女差はあるか?  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病は結果的に発症するもの  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。