Top >  糖尿病とは? >  糖尿病は結果的に発症するもの

スポンサードリンク

糖尿病は結果的に発症するもの

多くの糖尿病患者は、5~10年に渡り非常によく食べており、かつ運動をあまりしておらず太ってきているというパターンを踏んでいるとされています。その割合は糖尿病患者の8割にたっするとされています。
食べすぎを続ける、運動不足をずっと続ける、その結果だんだん太ってくる。この三つの条件はすべてインスリンの働きを阻害します。自分自身でそのような環境を作ってしまうと、これは、もう糖尿病の予備軍です。
そして、これらの三つの要素が進んだ結果、尿に糖が出るようになります。尿に糖が出るというのは、インスリンが働かずに血管に栄養がたまり、一定量を超えて血管からもれ出てしまい尿に糖が混ざるからです。そしてインスリンが働かないのは、過食、運動不足、肥満が原因なのです。
このことからすると、糖尿病というのは原因ではなく結果であるということは理解してもらえると思います。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病に地域差はあるか?  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病の遺伝  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。