Top >  糖尿病とは? >  糖尿病の種類

スポンサードリンク

糖尿病の種類

糖尿病には、いくつもの種類があります。
◆1型糖尿病
膵臓の細胞でインスリンを作るβ細胞が破壊されたことにより、インスリンの量が足りなくなって起こります。子供のうちから始まることが多く、小児糖尿病や、インスリン依存型糖尿病とかよばれています。
◆2型糖尿病
インスリンの働きが悪くなって起こる場合と、インスリンの出る量が少なくなっておこる場合があります。日本人の糖尿病は、95%以上がこの糖尿病で、運動や食事などの、生活習慣が関係していることが多いとされます。
◆遺伝子異常や、他の病気・薬剤の作用によるもの
遺伝子の異常や、薬剤が原因の場合。その他の病気(肝臓、膵臓、免疫異常など)が原因によっておこる場合。
◆妊娠糖尿病
妊娠中に発見された糖尿病で、新生児に合併症がおこる場合があります。

日本では2型糖尿病がほとんどであり、食べすぎや運動不足などの、いわゆる生活習慣が原因となっています。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病と血糖値  |  トップページ

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。