Top >  糖尿病とは? >  早食いは糖尿病のもと?

スポンサードリンク

早食いは糖尿病のもと?

よく、早食いも芸のうちといわれたりしますが、これは糖尿病を誘引するひとつなのです。
なぜなら、体が「ここで腹いっぱいだ、もういらない」と言う判断をするのは脳の食欲中枢です。ここから司令が出ることにより、食事を終えるのですが、早メシの場合この司令が届く前に度を過ぎて食べ過ぎてしまうのです。
また、食事時間が早い場合と遅い場合、もしどちらも同じ量だったとしても、早メシのほうに問題があります。なぜなら、同じ食事量であっても早メシは急激なカロリー摂取となり血糖値の上昇も急激となり、インスリンの製造と分泌に無理がかかり、膵臓を痛めることにつながります。ひいては、糖尿病の発症原因ともなりうるのです。
よくかんで時間をかけて食事をすることは、食欲中枢を正常に働かせることにつながります。また食事そのものを楽しむ事ができます。そのためにも、ちょっとした工夫が必要となります。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病に古い美徳はそぐわない  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病の食事の脂肪分の摂取について  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。