Top >  糖尿病とは? >  糖尿病の食事の脂肪分の摂取について

スポンサードリンク

糖尿病の食事の脂肪分の摂取について

糖尿病の食事としては、日本食が良いとされていますが、昔からの日本食にはたんぱく質が不足しています。そこで、たんぱく質を摂ることになるのですが、やはり動物性たんぱく質=肉を多くとることになりがちなのですが、ここで問題なのは、肉を食すると同時に脂肪も摂取することになります。いくら脂身を外して食べても、肉の中には脂肪分が含まれています。
同じ脂肪分でも、植物性の油分と動物性の油分があり、できるだけ植物性の油分をとるようにしたほうが良いそうです。もし肉を食した場合、そこで摂取した動物性油分のできれば、倍の量の植物性油分をとるべきだといわれています。
同じ動物性たんぱく質をとるならば鳥や魚がよしとされています。これは、鳥や魚の油分は体にそれほど悪くないためだとされています。
牛肉や豚肉にくらべて鳥や魚の肉は同じ動物なのですが、体に良い油分であるため上記で、同時にとるべきだと勧めている植物性油分も同量ほど摂取すればよいとされています。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 早食いは糖尿病のもと?  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病予防の運動は努力が必要か?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。