Top >  糖尿病とは? >  糖尿病予防の運動は努力が必要か?

スポンサードリンク

糖尿病予防の運動は努力が必要か?

糖尿病の予防だと言うことで、たとえば歩くことを始めたとします。でも最初のうちは努力して歩くことになります。どうにも気の乗らない体を努力で歩かせます。
しかし、そうやって糖尿病にならないためにという意識で続けていると、いつしか努力せずとも歩けるようになります。ふつうに歩くことが習慣化します。
日本で100歳以上生きている人はみな、毎日よく体をうがしているというデータもあります。
歩くことが習慣化すると、運動の効果が体に目に見えて現れてきます。インスリンの働きも改善され、体重も減り肥満が解消されます。こうなると、すべてが上手く回りだします。当然糖尿病予防になっています。
ここまでくると、もう歩かないと気持ち悪くなるぐらいになると言われています。ともかく歩くことを習慣化する最初の努力は何とかやりぬきましょう。これが習慣化できたら、糖尿病予防というより、恒常的な健康が得られます。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病の食事の脂肪分の摂取について  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病は太る病気なのか?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。