Top >  糖尿病とは? >  糖尿病で入院するということ

スポンサードリンク

糖尿病で入院するということ

糖尿病と診断されて、治療を始める場合よく入院が必要だと言われることがあります。これをして、糖尿病になると入院させられるというイメージが広まっています。
しかし、糖尿病の治療で入院することはないのです。
まず、糖尿病で入院が必要だといわれるのには理由があります。これは「教育入院」というものです。また、合併症の治療のために入院が必要になることもあります。
この中で、よくある教育入院とは生活改善や運動の方法を覚えてもらうための入院なのです。ですから、1週間から2週間で退院することになります。
また、同じ生活改善と言っても人によって状況は違いますので、その人に合った方法を見つけ出し、身に付けてもらうようにします。
糖尿病と診断されてから、定期的に病院の外来で診察を受けて、そのたびに医師から指示されるだけでは、今までの生活習慣をけることは難しいのです。そのために教育入院が必要とされています。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病ではめを外すとき  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病の合併症 神経障害  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。