Top >  糖尿病とは? >  糖尿病の薬のはなし

スポンサードリンク

糖尿病の薬のはなし

糖尿病の治療には、食事療法と運動が基本となりますが、それでも治療が十分でない場合に薬物を使用します。
現状、糖尿病治療に用いる薬物は、インスリンと、経口糖尿病剤という内服薬だそうです。この内服薬は、インスリンのように注射をせず、飲んで効果を得られる薬です。
インスリンはもともとアミノ酸の集合体なので口から飲んでも、腸内でたんぱく質分解酵素によって消化されてしまうそうです。そのためインスリンは飲んでも効果が無いのです。しかし、この経口糖尿病剤は血糖値を下げる内服薬として30年前に開発されたそうです。
もちろん、糖尿病のすべての人に、経口糖尿病剤が効くわけではありません。インスリンでなければ効果が無い人もおり、経口内服薬でも効果がある人がいます。これらのどちらがよいかは、ある期間を使って検査しなければわかりません。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病治療の進歩  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病とインスリンの関係  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。