Top >  糖尿病とは? >  糖尿病とインスリンの関係

スポンサードリンク

糖尿病とインスリンの関係

糖尿病の治療のインスリン療法とは食事と運動とインスリンの三つの組み合わせです。
このインスリンを使う場合、どんな種類のインスリンを何単位使うかをしっかり決める必要があります。そして、何単位のインスリンを使うかは、食事療法がなされた上で決められるのです。
また、糖尿病の薬物療法を行う場合、低血糖症状に対する処置の仕方を理解する必要があります。なぜなら、インスリン療法を施している場合に起こりやすいからなのです。
低血糖症状とは、血糖が下がりすぎる症状で手が震えたり、体が汗ばんだり、イライラ、頭痛、無関心などの症状が出ます。
これがさらに進むと、意識が無くなり昏睡状態になることがあります。そのため、常時20グラム程度の砂糖袋をいくつか携帯するようにして、低血糖の症状がでたらすぐに飲むようにします。糖尿病の治療中なのに、砂糖を携帯するというのもこんな理由からなのです。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病の薬のはなし  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病の発見  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。