Top >  糖尿病とは? >  インスリンはどこから調達するか?

スポンサードリンク

インスリンはどこから調達するか?

糖尿病治療に欠かせないインスリンの原材料はどこから持ってくるのでしょうか?
正解は、牛や豚からとっているのです。
牛や豚と聞くと大丈夫なの?と言われそうですが、最近の抽出技術は相当上がっており、非常に純粋なインスリンができているそうです。しかし、いつまでも牛や豚のインスリンが安定して手に入るかわかりません。そこでヒトインスリンを合成するようになりました。
最近の医療ではこの合成ヒトインスリンが多く使われているそうです。
ところが、おなじ糖尿病患者さんにこの合成ヒトインスリンを投与した場合と、豚から抽出したインスリンを投与した場合と比べると、効果に大きな差は無いそうです。
このことから、豚インスリンの純粋なものは相当な効果があると考えられます。
後は何か副作用があるのでは?という意見もありますが、豚インスリンもヒトインスリンもアレルギーなどの報告がわずかですが、あるそうです。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病とはなにか?  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病と散歩  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。