Top >  糖尿病の症状 >  1型糖尿病の症状

スポンサードリンク

1型糖尿病の症状

1型糖尿病の場合: 1型糖尿病の症状はいきなり、劇的に始まります。
これは、糖尿病性ケトアシドーシスと呼ばれる状態に急速に進行することがあります。この症状のメカニズムとしては‥細胞はインスリンなしでは血液中の糖を使うことができません。細胞はエネルギーを得るために予備のメカニズムに切り替えます。
予備のメカ二ズムとして、脂肪細胞が分解しはじめます。その際ケトンという化合物を生み出します。ケトンは細胞にエネルギーを供給しますが、同時に血液を酸性傾け過ぎてしまいます(ケトアシドーシス)。
糖尿病性ケトアシドーシスの最初の症状は、激しいのどの渇きと頻尿、体重の減少、吐き気、嘔吐、疲労で、特に小児では腹痛を起こすようです。
この血液の酸性度を戻そうと、呼吸は深く速くなります。その時、吐く息にケトンが漏れ出てマニキュアの除光液のようなにおいがします。この状態を放置し治療しなければ糖尿病性ケトアシドーシスが進行して、数時間のうちに昏睡に陥ったり死に至る場合があります。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病の種類による症状  |  トップページ  |  次の記事 2型糖尿病の症状  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。