Top >  糖尿病の症状 >  2型糖尿病の症状

スポンサードリンク

2型糖尿病の症状

2型糖尿病の場合: 2型糖尿病の人の多くは、診断されるまで数年から数十年にわたり症状が現れないか、でてもごく軽い症状です。しかし進行が進むと、排尿の増加とのどの渇きは初めは軽度ですが、数週間あるいは数カ月を過ぎると徐々に悪化します。やがて、非常に疲労を感じ、眼のかすみと脱水症が出てきます。
糖尿病の初期の段階では、血糖値が異常に低くなり、低血糖状態になる場合もあります。

2型糖尿病の人は、インスリンを体内で作っているのでケトアシドーシスは進行しません。しかし、血糖値はきわめて高くなり、しばしば1000mg/dLを超えます。このような高い値は感染症、薬の使用などのストレスが重なった場合に起こることが多いとされます。
逆に血糖値が非常に高いと重度の脱水症に陥り、精神錯乱、眠気、発作など、非ケトン性高血糖性高浸透圧性昏睡と呼ばれる状態を引き起こしてしまいます。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病


スポンサードリンク

 <  前の記事 1型糖尿病の症状  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病予備軍とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。