Top >  糖尿病の症状 >  妊娠時の糖尿病について

スポンサードリンク

妊娠時の糖尿病について

尿中のタンパク、糖を調べる尿検査は、初診と定期健診ごとに実施することになります。これは一般的な検査内容と同じで、タンパクと糖が出ていないかを調ぺるのです。

尿中のタンパクを調べ、妊娠中毒症になってないかを検査します。腎機能障害が起こり、尿中にタンパクが混じって出てくるようになると、妊娠中毒とされます。
妊娠中毒症の場合、早期発見、早期治療が重要です。妊娠中毒症にかかっていなくとも、もともと腎臓の機能が弱い人の場合には、よりいっそう注意して管理する必要があります。

尿に糖が出ているときは、おなじように腎機能障害、または糖尿病が疑われます。尿中に糖が出ているときは、さらに血液検査で血糖値を調べ、糖尿病を発病していないかどうかの診断をおこないます。もし母体が糖尿病の場合、羊水過多、未熟児や胎児死亡の原因になったり、母体の抵抗力が弱くなるなどの大きなリスクがあります。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病


スポンサードリンク

 <  前の記事 脳卒中の種類  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病のきっかけが妊娠?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。