Top >  糖尿病の症状 >  糖尿病のきっかけが妊娠?

スポンサードリンク

糖尿病のきっかけが妊娠?

糖尿病は、すい臓から分泌されるインシュリンというホルモンが上手く働かず、血液中のブドウ糖の濃度が上がり、エネルギーとして利用されず尿中に排出されてしまう病気です。
糖尿病の発病は、肥満や精神的ストレスなどに遺伝的な要因がきっかけとなりますが、もともと妊娠前から糖尿病だった人だけでなく、妊娠をきっかけとして糖尿病になる人が多く見られます。出産後すぐに正常に戻るのが妊娠をきっかけとする糖尿病の特徴ですが、出産後も継続したり再発することがあるため、あなどることはできません。

妊娠中の糖尿病は、巨大児出産や、羊水過多、胎児死亡などのリスクがあります。しかし、血糖値や尿等の検査を密にし、インシュリン注射や食事療法を行えば、妊娠、出産は十分可能です。食欲の増す妊娠後期には、教育入院として、食事制限をするなどの方法も取られます。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 妊娠時の糖尿病について  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病の症状1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。