Top >  糖尿病の症状 >  糖尿病の症状2

スポンサードリンク

糖尿病の症状2

糖尿病で自覚症状があれば、それはもう随分病気が進行している場合が多いとされます。
しかし、尿から糖が検出されたから即、糖尿病だとも断定できません。単純に疲れている場合もありますし、前日の環境にも大きく左右されるのです。
そのため、素人判断はせずに、必ず詳しい糖尿病検査を受けるようにしてください。
■尿から糖が検出された。
但し・高齢者の場合には、糖尿病にかかっていても、尿に糖が出ない場合がある。
・無症状のことも多い・・・空腹時の検査では尿に糖が出ないことも多い
尿糖が出ても、糖尿病でない場合がある。
1.妊婦、
2.胃手術の直後、
3.激しい運動をした後。
■立ちくらみが多い。
■手足がしびれる(などの知覚障害)→糖尿病神経障害
■肥満
■インポテンツ(性欲減退)
■月経異常
■こむら返り
■後頭部~うなじにかけて、繰り返し「湿疹」「毛嚢炎」が出来る。
■手を裏返すと4本の指につながる腱にそって、手のひらの組織が厚くなっている。ひどくなると、指が引っ張られるような感じになる。専門的には『デュピュイトラン拘縮』と呼ばれ、糖代謝異常のサインの1つとされる。
■暑くないのに汗をかく(発汗異常)。
■便秘と下痢を繰り返す。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病になる肥満の原因  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病の種類による症状  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。