Top >  糖尿病の症状 >  糖尿病予備軍とは

スポンサードリンク

糖尿病予備軍とは

健康な人の血糖値は、ほぼ一定しています。食後に少し上がり、2時間後には元の値に戻ります。糖尿病の判定はその血糖値を調べて診断をします。そしてその判定基準は3段階に分かれています。
● 正常型
糖代謝機能(食物にある糖をエネルギーとして体が利用する働き)が
空腹時110mg/dl未満で、ブドウ糖負荷試験2時間経った時点での値は140 mg/dl未満

● 糖尿病型
  空腹時126mg/dl以上で、ブドウ糖負荷試験2時間経った時点での値は200 mg/dl以上

● 境界型
空腹時110mg/dl~125mg/dl、ブドウ糖負荷試験2時間経った時点での値140 mg/dl ~199 mg/dl

この、糖尿病型と正常型の間を境界型の人を糖尿病予備軍といいます。この程度の血糖値では合併症は起きにくいとされていますが、糖尿病の注意と予防は必要となります。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 2型糖尿病の症状  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病予備軍  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。