Top >  糖尿病の症状 >  動脈硬化を速める危険因子について

スポンサードリンク

動脈硬化を速める危険因子について

同じ年齢でも動脈硬化(血管の老化)の進み方が人によって違いがいます。
その違いは、動脈硬化の危険因子をどれぐらい持っているかによるとされています。
危険因子は生まれつきの要素もあり、たとえば、男性であるという事、家族や血縁者の中に動脈硬化の病気の人がいるかどうかということです。
しかしそのこと以上に深い関係があるのは、生活習慣病と呼ばれる病気です。
喫煙、高血圧、糖尿病などの病気を多く持っていて、また、その程度が重い人ほど動脈硬化は速く進みます。
個々の病気をしっかり治せば、動脈硬化による心臓病などが減ることが明らかになっています。それぞれの対処療法は、実際に効果を挙げるのです。
ところが、最近血圧も血糖など、それほど高くないのに、心臓病や脳梗塞になる人がいるという事実が分かってきつつあります。そしてまた、血圧や血糖がそれほど悪くなくても、複数重なると、動脈硬化が速く進んでしまうことも最近分かってきたのです。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病の概要  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病と痛風  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。