Top >  糖尿病の症状 >  糖尿病と血糖値

スポンサードリンク

糖尿病と血糖値

糖尿病の方は血糖値に一喜一憂します。血糖値が高いからダメだとか、低いからもうよくなったとか、とても神経質になります。
しかし、本当に血糖値だけで判断することが良いことなのでしょうか?
一般的に糖尿病でない人の場合と糖尿病の人では血糖値の変化の仕方が違います。糖尿病の人は、インスリンの働きが低いため食事の後で上がった血糖値が上がったまま下がりにくいのです。糖尿病でない人は、食事の後に上がった血糖値は二時間後ぐらいで通常に戻ります。しかし、糖尿病の人の場合食後上がった血糖値が下がるまでの時間が長くかかるのです。やがて下がるのは下がるのですが、血糖値が高いままでとどまる時間が健康体の人よりも長いのです。
これは、ブドウ糖をエネルギー源に変えるインスリンが不足しているためです。
基本的に血糖値は、前日の体調や前日の食事内容、種類によっても大きく変わります。
そのため、一時の血糖値で一喜一憂することはとても判断を誤る可能性があります。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病の合併症 神経障害  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病の遺伝  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。