Top >  糖尿病の症状 >  糖尿病の遺伝

スポンサードリンク

糖尿病の遺伝

糖尿病は遺伝的要素が強いという事実があります。しかし、親の自分が糖尿病なのだから、子供も同じように食事療法が必要だと考えるのは問題です。
伸び盛りの子供に対して、このような食事療法を課すのはとても危険なことだとされています。もちろん、自分の家系は糖尿病体質の家系だから、糖尿病が発症しないように日ごろから気をつけることはよいことです。特に子供に対しては、バランスのとれた食事を取らせること、運動を進める事、太り過ぎないように気を配ることなど、糖尿病を発症しない環境を整えることは考慮すべきことです。
また、両親のどちらかもしくは双方ともが糖尿病だった場合、しかし、その子供の自分はまだ糖尿病にはなっていない。そんな方は40歳を過ぎたら必ず糖尿病検査を受けることをお勧めします。特に糖尿病になりやすい環境で生活をしている場合は、詳しい検査を強くお勧めします。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病と血糖値  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病は足にくる  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。