Top >  糖尿病の症状 >  糖尿病は足にくる

スポンサードリンク

糖尿病は足にくる

糖尿病は合併症を起こすことが怖い病気です。その合併症の中でも動脈硬化問題視されています。動脈硬化と聞くと、脳梗塞や心筋梗塞などのよく聞く病気を想像しますが、実は足の血管も影響するのです。また、足に起こる動脈硬化は、糖尿病の症状も加わり、より複雑な症状となります。
動脈硬化をもとにした血管の変化は血管が詰まるようになることです。血管が詰まるとその先の細胞が壊死してしまいます。足の血管は特に長いため先の方ほど詰まりやすくなっています。血の巡りは足先から悪くなるのです。もし、足先の血管が詰まり、細胞が壊死すると足を切らなくてはなりません。それは、指先の場合もあれば、太ももから切断することもあります。
また、動脈硬化だけでなく糖尿病による神経症状も起こる場合があります。そのため、足がだるい、足が痛いという症状だけでは、動脈硬化によるものなのか、神経症状によるものなのかは判断できません。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病の遺伝  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病は目にくる?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。