Top >  糖尿病の症状 >  糖尿病と痛風

スポンサードリンク

糖尿病と痛風

尿酸の代謝を適切に治す事は、痛風発作を繰り返さない、合併症が起きないようにします。
治療が効果的に進んでいるかどうかの判断基準

1.血清尿酸値の初期目標
薬を使っている場合:血清尿酸値6.0mg/dL以下
薬を使っていない場合:正常範囲内(7.0mg/dL以下)
2.関節炎が起きない
3.尿路結石がおきない。
4.腎障害がすすまない
5.糖尿病や高血圧症。高脂血症などの生活習慣病や肥満がないこと。

治療は軽いうちなら、日常生活に大きな制限はありません。
治療ななるべく、早期からはじめましょうそうすると、生活治療法ですみます。
生活治療法とは糖尿病の治療と同じく、食べ過ぎない、飲みすぎないことと、高プリン体食品を摂ることを減らすなどで血清尿酸値をコントロールできるからです。
それでも血清尿酸値がコントロール出来ない場合に、尿酸降下薬を使います。
痛風は慢性期に入ると、様々な合併症を起こすため治療が難しくなります。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 動脈硬化を速める危険因子について  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病と内臓脂肪  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。