Top >  糖尿病の症状 >  糖尿病は目にくる?

スポンサードリンク

糖尿病は目にくる?

糖尿病の症状は足にだけでなく、目にも表れます。
最近目が悪くなったと感じたとき、糖尿病を疑う人は少ないのですが、眼科で診てもらうと糖尿病かも知れないと診断されることがあるそうです。
糖尿病で眼底の血管に糖尿病性網膜症が起こると、視力が落ちます。初期はとても小さなな赤い点にしか見えません。これが進行すると視力が段々落ちてきます。
しかし、これが直接ものを見るための部分にできればすぐに自覚するのでしょうが、多くは、眼球のそれ以外のところに発症します。しかも、眼底の変化は糖尿病になってすぐに現るのではなく、五年以上経ってから現れるのです。
この目の症状をよくするためには、眼科的な治療だけで治すことは困難です。目だけでなく、全身をよくし、糖尿病の治療をしないと糖尿病によって起こった目の病気はよくなりません。しかも適当な治療にしておくと失明の危険さえあるのです。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病は足にくる  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病を予防する食物  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。