Top >  糖尿病の症状 >  糖尿病と内臓脂肪

スポンサードリンク

糖尿病と内臓脂肪

内臓脂肪は、皮下脂肪より問題が多いという理由は統計により、明らかになりました。
つまり、内臓脂肪型の肥満は、皮下脂肪型の肥満より、高血圧症、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を4~8倍も合併しやすいのです。
内蔵脂肪の脂肪細胞から、各種のホルモンが分泌されていることが、1995年以降に明らかになりました。
それらのホルモンは4種あります。
1.腫瘍壊死因子―α(インスリンの働きが悪くなり糖尿病の元凶となります)
2.プラスミノーゲンアクチベーターインヒビター1(血栓形成に影響し狭心症や脳梗塞の元凶となります)
3.レプチン(高血圧症に影響します)
4.アンジオテンシノーゲン(高血圧症に影響します)

このうち、レプチンは、皮下脂肪細胞からも多く分泌されるホルモンなのですが、
それ以外のホルモンはすべて、皮下脂肪細胞の2~3倍も多く内臓脂肪細胞から分泌していることが分かってきました。
内臓脂肪は、脂肪分解に関与する交感神経系のα及びβ受容体を約3倍も多く持っていますので、皮下脂肪よりも簡単にやせることができます。その際運動や食事療法が有効だとされています。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病と痛風  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病とメタボリックシンドローム  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。