Top >  糖尿病とメタボリックシンドローム >  糖尿病とメタボリックシンドローム

スポンサードリンク

糖尿病とメタボリックシンドローム

生活習慣病(肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病など)の原因は、内臓に脂肪が蓄積した肥満が原因であることがわかってきました。これを、内臓脂肪型肥満といいます。
生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、内臓脂肪型肥満が原因となる複合型の病気です。この内臓脂肪型肥満は体形から次の2つに分けられます。

・洋ナシ型肥満は「皮下脂肪型肥満」といい、太もも、おしり、腰のまわり、下腹部の皮下に脂肪が蓄積するタイプを指します。

・リンゴ型肥満は「内臓脂肪型肥満」といい、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプです。

「内臓脂肪型肥満」は外見ではわかりにくいのですが、簡単な調べ方としてはウエスト(へそ周り)を測ることがあります。
男性では85cm以上、女性では90cm以上あれば、内臓脂肪型肥満が疑われます。


スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病と内臓脂肪  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病を併発するメタボリックシンドローム  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。