Top >  糖尿病とメタボリックシンドローム >  糖尿病を併発するメタボリックシンドローム

スポンサードリンク

糖尿病を併発するメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームには過食と運動不足によって成立します。また、メタボリックシンドロームは糖尿病や高脂血症、高血圧を併発するのです。生活習慣病である、糖尿病、通風、高血圧などは、血管の老化を早めることになります。
これらの病気になると、実年齢以上に血管が硬く老化してしまい、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を起こしやすくなります。
中には太っていなくても、糖尿病や高血圧、通風の人もいます。
その理由としては、肥満は2種類に分類されるということがあります。
それは内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満となりますが、生活習慣病と関係のあるのは内臓脂肪型肥満になります。
これは、脂肪がおなかの中の内臓のまわりに溜まっているため、外見からは太っているようには見えない場合が多く発見されにくい場合があります。このような隠れ肥満こそ、メタボリックシンドロームの元凶です。


スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病とメタボリックシンドローム  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームと脂肪  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。