Top >  糖尿病とメタボリックシンドローム >  メタボリックシンドロームと脂肪

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと脂肪

エネルギーの貯蔵のためのみにあると考えられてきた脂肪ですが、近年、脂肪細胞から分泌されるいくつかの生理活性物質が、体の様々な機能に影響を与えていることが分かってきています。

その物質はアディボサイトカインといわれています。脂肪が蓄えられすぎると、サイトカイン分泌に異常をきたし、血圧が高くなったり、血糖値が高くなったり、中性脂肪が高くなったりする不具合が現れます。それが元になり高血圧や糖尿病などになるとされます。
しかも、サラサラ血をドロドロ血にするサイトカンも分泌され、血流内に血の塊ができやすく、心筋梗塞や脳梗塞などが起きやすくなります。
メタボリックシンドロームとは、過剰に蓄えられた内臓脂肪が原因となり、複数の病気を併発する状態です。
気をつけなければならないことは、ひとつひとつの病気が、複数寄り集まると、血管に非常に負担をかけてしまうということがある事なのです。


href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病を併発するメタボリックシンドローム  |  トップページ  |  次の記事 メタボリックシンドロームと血圧  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。