Top >  糖尿病とメタボリックシンドローム >  メタボリックシンドロームと肥満

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと肥満

メタボリックシンドロームは不摂生な生活を続けた末の肥満が原因になります。
また、血縁者で、メタボリックシンドロームの人がいるなど、遺伝要因も影響します。
肥満になると、体が糖をうまく取り込めなくなります。これは、糖代謝に必要なインスリンの働きが弱くなるためなのです。
その上、高脂血症・糖尿病・高血圧などの生活習慣病のリスクを肥満が高めてしまいます。
これは、肝臓でのグリコーゲン合成に役立つ酵素の活性を、肥満が弱めるため血糖値が高くなるからです。
メタボリックシンドロームは、生活習慣病を同時に発生させやすい状態で、しかも1つ1つの生活習慣病はそれぞれ、軽くても、重なって病気を抱えていると、動脈硬化を進めてしまい、心筋梗塞などのリスクが非常に高くなるとされています。
メタボリックシンドロームは、早めに気づいて早期治療をすることが、重要です。


href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームと血圧  |  トップページ  |  次の記事 テレビと糖尿病  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。