Top >  糖尿病とメタボリックシンドローム >  糖尿病とメタボリックシンドロームについて

スポンサードリンク

糖尿病とメタボリックシンドロームについて

糖尿病の血糖値があがるメカニズムとして、インスリンの働きが不足して血液中のブドウ糖がたくさん増えてしまうという状態があります。
ブドウ糖が細胞に入り込んでエネルギーを交換されるためには、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが働かなければなりません。
インスリンの働きが不足するのは、2つの原因があります。

1シンシュリンの分泌が減る
2インスリンに対する細胞の感受性が鈍くなる

この2つめの原因がメタボリックシンドロームといわれるものなのです。
メタボリックシンドロームは糖尿病の原因でもあります。
メタボリックシンドローム状態を放置して改善せず糖尿病が発病した場合、さらにインスリンの分泌が減り、より重い糖尿病に進行してしまいます。
そのため、その前段階であるメタボリックシンドロームの治療をすることは、糖尿病を抑えることにかなり有効な方法なのです。


href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病の症状1  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病による動脈硬化について  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。