Top >  糖尿病とメタボリックシンドローム >  糖尿病による動脈硬化について

スポンサードリンク

糖尿病による動脈硬化について

動脈硬化は年齢を経るにしたがって進行します。
最近、動脈硬化の進行を早める危険因子が明らかになってきました。
動脈硬化のスピードはこの危険因子の数が多いと速まり、心筋梗塞や脳梗塞の頻度が高くなります。
その動脈硬化の危険因子は、次のものです。

1.男性(女性よりも男性ということ)
2.血縁者に動脈硬化症の患者がいること
3.喫煙
4.高脂血症
5.高血圧
6.糖尿病

危険因子はひとつ、ふたつと数えますが、糖尿病の場合は三倍に数えられます。つまり、糖尿病は三倍も動脈硬化になりやすいのです。
また、糖尿病は軽い高血糖状態の、糖尿病予備軍の状態から、すでに動脈硬化の進行が早まっているという恐ろしい事実があります。
そのスピードは、糖尿病の人とそれほどかわらない値だという事です。
糖尿病予備軍の中には、他の危険因子も複数持っている人が多いことが関係していると言われます。

href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病


スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病とメタボリックシンドロームについて  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病予備軍とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。