Top >  糖尿病とメタボリックシンドローム >  糖尿病は太る病気なのか?

スポンサードリンク

糖尿病は太る病気なのか?

糖尿病について大きな誤解があります。それは、糖尿病だから太るということです。これは大きな間違いで、太っているから糖尿病になるのです。
糖尿病になるきっかけは、肥満を招く食べ過ぎにあるといわれています。人の体は食べれば食べるほど、インスリンが余計に必要になってきます。しかし、過度の食事量はインスリンの分泌が追いついてゆかないのです。
食べ過ぎについての基準は、人によって変わってきます。体をよく動かす人はたくさんの栄養が必要になります。しかしデスクワーク中心の人はそれほど多くの栄養を必要としません。したがって、体を動かさないのに必要以上の栄養を摂っている状態が食べすぎとなります。このように、食べすぎと運動不足は深く関係しているのです。
インスリンは、適度に体を動かせば働きが高まるとされています。
つまり、糖尿病は食べすぎと運動不足の結果から発症するのです。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病予防の運動は努力が必要か?  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病と女性・妊娠について  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。