Top >  糖尿病とメタボリックシンドローム >  糖尿病になる原因

スポンサードリンク

糖尿病になる原因

糖尿病になる場合遺伝的要素が関係するということが分かっています。しかし糖尿病の遺伝にはふたつのグループがあるとされています。
ひとつは、糖尿病を発症しやすい体質の遺伝があります。この体質遺伝をもった人が、食べ過ぎと運動不足、そしてストレスを受けるような環境(このストレスには、精神的なストレスだけでなく、他の病気や怪我なども含みます。)が加わると糖尿病を発症すると考えられています。この体質遺伝が糖尿病の中でいちばん多いとされています。
もうひとつは、膵臓のインスリンを作る細胞が病気にかかりやすい性質を受け継いでいる場合があります。たとえば、ウィルスなどにこの細胞が感染すると、細胞の機能を停止してしまいます。すると、インスリンが出なくなり急に糖尿病を発症することになります。
子供の糖尿病発症などはこの可能性が高いとされています。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病の合併症、血管にくる病気2  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病患者は食いしん坊なのか?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。