Top >  糖尿病とメタボリックシンドローム >  糖尿病のポイントは大人と子供の食べる量?

スポンサードリンク

糖尿病のポイントは大人と子供の食べる量?

大人は子供より多い量の食事を取るのが当然だと思っている方は多いのではないでしょうか?しかし、本当は成長が止まったらそれほどのカロリーは必要ないのです。
ところが残念ながら必要はないののに、その食習慣だけが残ってしまうことがよくあります。自分はいつもどおりの食事をしているだけだと思っていても、体は成長期ほどカロリーは必要としません。そして余分なカロリーは脂肪となって皮下に蓄えられ、中年太りの原因となり、ひいては糖尿病となるのです。
これを解消するには、食べることをそれこそ大人の判断で年相応の食事にすることです。
これが実行できる人は、中年になっても太りません。そして糖尿病になることもないのです。
食べたいだけ食べている大人の人は、いちど自分の17歳ごろの食事と比べてみてください。
それがあまり変わってないようならば、糖尿病のリスクがあると思ってください。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病患者は食いしん坊なのか?  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病とくだもの  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。