Top >  糖尿病の予防と治療 >  テレビと糖尿病

スポンサードリンク

テレビと糖尿病

実はテレビを見る時間に比例して、肥満や糖尿病になりやすいという事が分かってきたのです。
6年間に及ぶアメリカの追跡調査の結果、1日2時間以上テレビを見る人は、そうでない人に比べて、23%肥満になりやすく、また14%糖尿病になりやすいという事実があるそうです。
しかも、テレビを見るほうが、同じ座った姿勢を続ける自動車の運転や、家事と比べても、肥満になりやすいという結果がでています。

その具体的理由として考えられるのは
1.食べながらテレビを見る
2.食事の場面など、食欲を刺激する画面に影響される。
3.運動をしないので、消費カロリーが減る。

しかし、1日1時間余分に歩くと、肥満のリスクも糖尿病のリスクも減ることが、統計的に明らかになっています。肥満は24%、糖尿病は34%減るといわれています。
グルメ番組を見る人は、よく気をつけ、運動量をふやしてテレビを見る時間を減らす工夫が必要だといえるでしょう。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 メタボリックシンドロームと肥満  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病の発病について  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。