Top >  糖尿病の予防と治療 >  糖尿病の食事療法の意味

スポンサードリンク

糖尿病の食事療法の意味

糖尿病は食事療法で、随分と病気を押さえ込めると言われます。その食事療法には、様々な守らねばならないことがありますが、当然それらには意味があります。
まず、糖尿病の食事では、野菜を摂れといわれています。これは、食物繊維は肥満の予防になります。1日に350g以上摂るようにし、そのうち三分の一は、緑黄色野菜をとることを推奨されています。
食べるときは、時間をかけて、会話を楽しみながら食べること。朝食もきちんと摂り、寝る3時間前までには食べ終わること。これは規則正しい食べ方と、満腹感を得られる食べ方の基本です。
糖尿病を患う人は、濃い味が好きな傾向があります。これは、ごはんを沢山食べすぎてしまいます。当然塩分の取りすぎにもつながります。それにつながる所として、調味料の使い方も注意が必要です。調味料は直接料理にかけず、小皿にとってつけるようにしましょう。また、マヨネーズは油が多く太りやすい調味料で、お醤油は塩分が多いため、できるだけ控える必要があります。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病


スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病の予防について  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病予防の運動の工夫  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。