Top >  糖尿病の予防と治療 >  糖尿病予防の運動の工夫

スポンサードリンク

糖尿病予防の運動の工夫

糖尿病の予防には、適度な運動を継続することが必要だといわれます。
運動をすると、体の中性脂肪を減らし、筋肉が付いて基礎代謝の多いからだになります。
運動といっても、からだがしんどいと思うような運動は必要ありません。1日に20分くらいが目安です。
しかし糖尿病予防には、運動を継続させなければいけません。
それには、ちょとした、日常の工夫が必要になります。
たとえば以下のような工夫と組み合わせで、継続しやすくなります。
・外出するとき、少しだけ早めに歩く
・買い物は歩いて、買いだめをせずこまめに行く
・1日1万歩を目標に歩く
・周囲の風景などを楽しみ、観察しながら歩く
・泳げなくても、水中を歩く
・遠回りして歩く距離を増やす
・3階までなら階段を使う
・週に1度くらいは、隣の駅まで歩いてみる
・テレビを見ながら、ストレッチをする
どうでしょう?できそうに思えませんか?
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病


スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病の食事療法の意味  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病と簡単な運動  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。