Top >  糖尿病の予防と治療 >  糖尿病は合併症を抑えるために治療をする

スポンサードリンク

糖尿病は合併症を抑えるために治療をする

糖尿病は血液中の糖分(ブドウ糖)が増えすぎて、血糖値が高くなる(高血糖)病気です。
この高血糖状態が長く続くと血管に障害が起こり、目、心臓、腎臓、神経、脳などに「合併症」という病気が起こります。
現代の医療では、合併症を治すことはとても困難なことです。そのため血糖値が高いと診断された場合は、それを正常値に戻し合併症が起きないようにすることが肝心です。血糖値のコントロールさえできれば、合併症に進行することを食い止められます。
ところが、自分自身が高血糖であることを自覚することはほとんど無いのが現実です。
そして合併症もかなり進行するまで、痛みなどを伴わないことが多いとされています。
そのため、失明や心臓病や脳卒中になるまで放置されることも珍しくないようです。
患者自身が病気を認識しにくいため、治療が遅れる場合があるということは、糖尿病のいちばんの問題点です。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病


スポンサードリンク

 <  前の記事 肥満と糖尿病とメタボリックシンドローム解消  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病予備軍チェック  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。