Top >  糖尿病の予防と治療 >  糖尿病と肥満と運動

スポンサードリンク

糖尿病と肥満と運動

糖尿病と肥満と運動の関係を相撲取りで見るとよく分かります。相撲取りは毎日ちゃんこ鍋を平らげ、かなりの高カロリーを摂り、そして太っています。しかし現役の相撲取りで糖尿病だという人はあまりいません。これは、毎日の稽古で激しく体を動かしているからなのです。一般的には、太るとインスリンの働きが弱くなると言われていますが、この激しい運動量が肥満体の中でもインスリンを働かせているのです。
ところが、こんな相撲取りでも現役を引退すると、とたんに糖尿病になってしまう人が続出します。この現象は、現役時代と同じ肥満体で運動量が減ったため、インスリンの働きに大きな変化をきたした為なのです。
元来人間の体は動くようになっているのです。動かないと健康に支障をきたすようにできているのです。相撲取りの例は極端ですが、基本的に運動量の少ない、肥満した人は糖尿病になるべくしてなってしまうのです。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病予防としての続けられる運動とは?  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病予防としての運動・女性の場合  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。