Top >  糖尿病の予防と治療 >  糖尿病を膵臓から治す

スポンサードリンク

糖尿病を膵臓から治す

糖尿病治療で画期的方法なのは、膵臓の移植手術です。インスリンの生成が弱い膵臓を取り替えてしまうと言う考え方です。この方法は臓器移植が盛んに行われる環境の中で考えられた方法です。
しかし、臓器移植手術の中でも膵臓の移植手術は非常に難しいとされています。世界中でいちばん多いとされるアメリカの例でも250例程度だそうです。
しかも移植手術が上手くいき、膵臓も生着して、一年以上膵臓の機能を果たした例は10例いかだと言われています。糖尿病治療としては画期的な方法なのですが、まだ成功率が低いのが現実だそうです。
もうひとつ、膵臓関連の糖尿病治療として、膵臓全体を移植するのではなく、膵臓がインスリンを分泌するベーター細胞だけを取り出して移植すると言う方法が考えられています。
しかし、残念ながらこの方法はまだ成功例がないそうです。
href="http://technorati.jp/tag/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85" rel="tag">糖尿病

スポンサードリンク

 <  前の記事 糖尿病予防で歩くことについて  |  トップページ  |  次の記事 糖尿病という病名  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • 糖尿病の種類
  • 糖尿病には、いくつもの種類があります。
    ◆1型糖尿...

  • 糖尿病と血糖値
  • 血糖値は刻々と変化します。その日その日で変化します。運...

  • 糖尿病の実際
  • 糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。食べ物...

  • 糖尿病と散歩
  • 糖尿病予防に歩くことが効果的ならば、散歩などはいいんじ...

    • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦う」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。