Top >  糖尿病の本 >  ひとりぼっちを抱きしめて |日本糖尿病協会 /荻原 友未 /滝井 正人

ひとりぼっちを抱きしめて |日本糖尿病協会 /荻原 友未 /滝井 正人

ひとりぼっちを抱きしめてひとりぼっちを抱きしめて
日本糖尿病協会 /荻原 友未 /滝井 正人
医歯薬出版 刊
発売日 2001-04




1型糖尿病との葛藤の末に 2004-05-02
成人病として認識されている2型糖尿病とは別に、突然に、若年で、不摂生とは何も関係なく発症する1型糖尿病。血糖値や食事量を厳密にコントロールしなければならない多大なストレスの中で、いつしか破綻をきたし、過食・嘔吐へと転じてしまった20歳の女性と心療内科医の手紙のやり取りです。現在過食症の女性が増えている、といわれていますが、私自身もその一人です。いろいろと過食症に関する本やネットサイトに目を通しました。その中には、「ストレスの発散方法をほかに見つけよう」とか、「こう考える傾向のある人がかかりやすい」とか。または逆に、過食に悩む女性の気持ちをつづったものなど、たくさんの情報はあります。しかしいざ自分の考え方や行動を変えよう、と思っても、それが独りよがりの判断になっていないか、悩むことが多いです。それに対してこの本は、悩んでいる女性と心療内科医の2者の立場からつづられています。女性の文章に同調し、自分を投影させた後に心療内科医のアドバイス。それがまるで自分に対するアドバイスのように感じられます。「あぁやっぱりそうなんだよね、それでいいんだよね」と確認することが出来るのです。筆者の女性は糖尿病という背景があったけれど、一般の過食症の人と根底にあるものはどこか似ていて、糖尿病の方でなくとも同調できると思います。糖尿病と闘うひとも過食症と闘うひとも、どちらが読んでも心に入り込んできてくれる本だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


ひとりぼっちを抱きしめて は今まで自分ではそれなりに漠然とイメージしていた事がよくわかる本です。いろいろなものがどんどん変わっていっています。このひとりぼっちを抱きしめて の本の分野でも同じことです。

今のように世の中の進み方が早いときに「知らなかった」ではさみしいですね。ひとりぼっちを抱きしめて を読んで、新しい今のことを知ればいろいろなことに次の道が見えるかもしれません。

ひとりぼっちを抱きしめて は自分の思っていることを確かめられますし、それより知らなかったことを知ることで対応も考えられるオススメの本です。

 <  前の記事 『糖尿病食 鶏肉の南部煮セット』 (税別3000円以上送料無料 11月15日23:59PM迄)  |  トップページ  |  次の記事 血糖値が気になる方に!!特定保健用食品 フィットライフコーヒー 10包入り  > 

         
  • seo
このページについて

このページは「糖尿病と戦うグッズ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。